会計ソフトを導入の際のチェックポイント

subpage01

会計ソフトを選ぶ際にもっとも大切な事は必要な機能が揃っているか確認することです。
しかし逆に、必要もない機能がいたずらに付いているのもそれはそれで問題だと言えるでしょう。



会計ソフトを買う理由は業務を効率化し、その結果として浮いた人件費を利益に計上するためであるはずです。



使いもしない機能がついているがゆえにソフトの値段が高くなったのではその地道な努力を削いでしまうことになります。

したがって、購入前には自社の会計作業において必要な機能は何なのかをよく考えて、それに無駄なく合致した商品を買うべきです。



ただし、検討の際には会計上の機能ばかりに目を向けていたのでは十分とは言えません。



なぜならば、会計に直接関係のない機能であっても、あれば確実に便利なものは存在するからです。


例えば、消費税に対しては新税率だけでなく、旧税率にも対応しているものであればそれだけで使い勝手はずいぶんと向上するはずです。



さらに、複数の店舗を経営している場合は外部システムとの連携も欠かせません。
多店舗のシステムと相互性があれば二重入力の手間が省け、業務の効率化が図れるからです。

http://smany.jp/tag/171

他にも、災害が起きた時のケースなども考慮に入れておくべきでしょう。

万が一、システムが破損してデーターが消滅したとしても遠くのサーバーにデーターをバックアップする体制が整っていれば安心です。

https://4meee.com/articles/view/89728

ただ、その場合はネット上で大事なデーターのやり取りをすることになるので、セキュリティ面がどうなっているかはしっかり確認しておかなければなりません。

https://news.goo.ne.jp/article/sinkanjp/trend/sinkanjp-7364.html

関連リンク

subpage02














現在の会計ソフトの機能の魅力に関して

私は、企業のシステム管理という業務を行っています。半年前ぐらいから会計ソフトの更改に伴い、色々な機能を検討しています。...

NEXT
subpage03














会計ソフトの利点とは

会計は企業の経営とは切っても切り離せないものです。貸借対照表、損益計算書を作成するのはもちろんのこと、法人税の計算、消費税の計算など、税を支払うためにも必要なものですし、資金繰り表を作らないと資金がショートして経営を続けることができなくなります。...

NEXT