会計関連のソフトの選び方

subpage01

業務用のソフトウェアは色々なものがありますが、その中のひとつに会計ソフトというものがあります。



会計関連は業務の中でも計算関連のものが多く、集計などもしなくてはいけないため人の手で行うとなると手間と時間がかかってしまいます。



そのため、集計や計算を自動的に行ってくれるソフトウェアの存在は非常に重要な業務円滑化の鍵となっているようです。



では、その会計ソフトはどのような基準や選び方で選べばいいのかというと、3つのポイントがあります。



それぞれ「対象企業規模と製品価格」「機能性と操作性」「拡張性」があります。



対象企業規模というのは、グループウェア同様にそれぞれのシステムには対照としている企業の規模があります。

https://4meee.com/articles/view/395459

これは簡単に言えば適応している客層のことを指しており、それぞれ大企業向けのものもあれば中小企業向け、個人経営向けのものなどがあります。
そのため、自社がどの客層に分類しているのかを把握し、その関係のシステムの中から製品の価格を比較検討することによって、予算内のものを見つけることが出来ます。

https://4meee.com/articles/view/89728

そして機能性と操作性に関してはそれぞれの製品によって特徴が異なっているので、資料請求や体験版などを導入することによって比較検討することが出来ます。
最後の拡張性ですが、ネットワークに対応しているかどうか、関連ソフトとの連携が出来るのかどうか、カスタマイズへの対応をしているかどうかなどのサポート面のことを指しています。

http://www.kyodonews.jp/today/201112/index.php?page=3

関連リンク

subpage02














会計ソフトとはどんなものなのか

仕事をする上でまず必要となってくるのはお金であり、何をするにしてもお金を消費することになります。それと同時に事業を展開していくことによってお金を得ることができ、結果的にお金が日々めぐっていくということになります。...

NEXT
subpage03














会計のソフトについてのこと

会計のソフトというのは、今は様々なものがあります。それこそ、無料で公開されているものもありますから、基本的にはかなり簡単に使うことができるようになっています。...

NEXT